第95回サーチャーの会定例会開催のお知らせ <2月22日開催>

2017年01月17日

今回は、長年にわたり、企業の研究部門、知財部門で調査を行って来られた御経験を踏まえて、お話いただきます。講演の後、コーヒーブレイク(飲み物と軽食を用意します)を挟んだ後に質疑応答を座談会風に行う予定です。皆様、是非ご参加ください。

テーマ:「企業の調査担当とは」

日 時:2017年2月22日(水) 19:00~20:45(予定)
講 師:松谷貴己様
(一般社団法人化学情報協会:前職:日本化薬株式会社)

場 所:文京シビックセンター 区民会議室5階会議室A
東京都文京区春日1丁目16番21号
東京メトロ「後楽園駅」:丸の内線(4a・5番出口)・南北線(5番出口) 徒歩1分
都営地下鉄「春日駅」:三田線・大江戸線(文京シビックセンター連絡口) 徒歩1分
JR総武線「水道橋駅」:東口 徒歩9分

定例会参加費:1,000円(会員)、2,000円(非会員)
当日の支払い

内 容:
「企業の調査担当者とは」という課題についてはいろいろな考え方や見方があると思います。ここでは、研究部門、知財部門に所属した経験を紹介したいと思います。

研究部門では技術的な観点の調査が主で、知財部門では、権利的な観点が主になります。同じ情報も観点が違うことにより、情報の評価が違ってきます。調査の背景や目的によって調査結果の加工が必要になることもあります。また、個の情報を基にした集合として情報でも意味が違ってきます。情報分析の基礎となる情報は、信頼できる情報の集合が前提です。この点でも調査担当者の役割は重要になります。今後、企業の方向性を検討する上でも正確な調査のできるプロの存在はますます重要になると思います。

下記のフォームから2月14日までにお申し込みください。会場の都合により、早く締め切ることがありますので、お早めにお申込みください。参加は先着順で受付けます。
続きを読む…

検索技術者検定1級 二次試験対策勉強会 <1月28日開催>

2017年01月11日

1級1次試験合格者のみなさまを対象として、2次試験の直前対策勉強会を開催します。「模擬プレゼンテーション」を実施するとともに、試験の様子や心構えを情報共有することで、面接で何を聞かれても動じないようサポートします。

主催:サーチャーの会
日時:2017年1月28日(土)午後

会場:飯田橋駅(JR線・東京メトロ・都営地下鉄)近く
※詳細は、参加者宛に個別にご連絡致します。

参加資格:
◆サーチャーの会会員限定◆(参加申込と同時入会可)
2016年度「検索技術者検定1級」1次試験合格者(1次試験免除者を含む)

参加費:無料
ただし、飲料代(実費)の御負担をお願いします。

1次試験合格者は、ぜひ下記フォームからお申込み下さい!
続きを読む…

第94回サーチャーの会定例会開催のお知らせ <10月20日開催>

2016年09月10日

2016年度2回目の定例会は、『「雪見だいふく」はなぜ大ヒットしたのか』などの著書で知られる、重田暁彦氏にご講演頂きます。

テーマ:「特許庁と知財高裁の判断傾向を踏まえて、特許調査はどうあるべきか」

日 時:2016年10月20日(木) 19:00~20:00予定
盛況のうちに終了いたしました。
講 師:重田暁彦氏
(日本パテントデータサービス株式会社、公立大学法人会津大学)

場 所:文京区民センター2-B会議室
文京区本郷4-15-14
都営三田線・大江戸線「春日駅」A2出口徒歩2分
東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅」4b出口徒歩5分
東京メトロ南北線「後楽園駅」6番出口徒歩5分

定例会参加費:1,000円(会員)、2,000円(非会員)
当日の支払い

※講演後に懇親会を行う予定です。ふるってご参加ください。

内 容:
特許庁の審査・審判の最近の傾向、および知財高裁の判例からみた最近の動きを把握し、技術文献の調査のあり方を考えてみます。

特許庁の判断と裁判所の判例には微妙な違いが見られます。こうした違いを踏まえた特許調査や技術文献調査のあり方が課題になります。

技術的内容を何処まで細かく、必要十分な範囲または観点で取り組むべきかが重要になるのです。調査では具体的な実施態様レベルまでの詳細な検索、つまり技術用語による全文検索が望まれます。

サーチャーに求められる、要求は厳しさが増すばかり、分類やシソーラスを使った調査の限界を考慮し、技術用語の捉え方、同義語の抽出などのワザについても、お示しすることに致します。

サーチャーの会の紹介が「情報管理」誌に掲載されました

2016年09月01日

サーチャーの会の紹介が「情報管理」誌に掲載されました。

『情報管理』 59(6), p.404-407, 2016.
つながれインフォプロ 第30回 サーチャーの会
執筆者:原田 智子

本文はこちらから確認できます。